カルドメック通販なび 格安購入法とフィラリア予防薬について

カルドメックの通販

通販で購入できるようになったカルドメック

犬のフィラリア予防薬であるカルドメック、実は2014年の薬事法の改正により以前は獣医さんから処方してもらうしかできなかったものが
通販でも購入できるようになりました。

 

また最近は輸入代行などでさらに安く購入することができます。
通販で気軽に購入できるのは嬉しいことですがやはり薬であるために使用の際には注意が必要です。

 

カルドメックはアメリカの会社で製造された薬であり、イベルメクチンを配合しています。
このイベルメクチン、実は開発したのは日本人で犬のフィラリアだけではなく、様々な寄生虫の駆除に使用されています。
犬だけではなく人間にも使用されてるお薬なのです。

 

これによりフィラリアの寄生虫を駆除、予防するとされています。
実は日本ではハートガードプラスという名前で販売されてるお薬なのです。

 

カルドメックとイベルメックは同じ?

実は結構勘違いされてるのですが基本的に同じです。
若干異なるのはイベルメックは国産の肉が使用され、カルドメックは米国産の牛肉が使用されてるという事です。
ただ、これに関しては気にする人はそれでどちらを購入するか判断してもいいと思うのですがそこまで気にする必要はないと言われています。

 

ややこしいのはハートガードプラスとカルドメックも同じだという事です。
ホントややこしいですね。

 

海外ではハートガードプラスという名前ではなくカルドメックという名前で通っています。
基本は同じだと思って間違いないと思います。

 

最初は獣医さんに相談してから使用を

カルドメックに限らず最近通販や輸入代行で気軽に犬の薬が手に入るようになってきました。
ただ、注意してほしいのは自己判断で使用してはいけないことです。

 

特にカルドメックなどのフィラリア予防薬の場合は非常にデリケートな問題があります。
というのもカルドメックなどを使用する場合はフィラリアの寄生虫を殺虫するわけですが、
その際にその死骸が犬の血管などに詰まってしまい、危険な状態になることもあります。

 

実はフィラリアは心臓などの内臓に寄生するために無理に駆虫するとかえって犬の体に負担をかけてしまう場合があるのです。
このような事故を減らすためにも必ずフィラリア予防薬を使用する場合は獣医さんに相談して容量などをしっかり守りましょう。

 

フィラリア退治は幼虫がどの状態なのか?卵に対してはどのように駆除するのかが変わってきます、
当然薬もそれぞれ変わるので注意が必要です。